諏訪通信ネットワーク
スポンサードリンク
製品情報 ダウンロード サポート お知らせ
   
ソフトウェア

for Windows
Xp Vista 7 10

Keyboard IE
カーナビを...
ダイアグスキャナー
徒歩メーター
燃費ティーチャー

サンプリングメーター
みるCAN
CANメッセンジャー
CANレコーダー
CANレーベル



コーヒーブレイク

VB6の長所と短所
なぜVB6を使うのか
VB6のトラブル集1
VB6のトラブル集2
UWPのトラブル集1



蓼科電研













CAN Label CANレーベル
CANレーベル
ダウンロードする
オシロスコープ機能の使い方

概要

CANバス上に流れているメッセージ上のデータを、人間が理解しやすい数値に変換して
表示できるマルチメーターです。特定の情報を確認したり、ログを取得して本格的な
データの解析にも役立てると思います。

Ver1.11よりオシロスコープ機能を搭載しました。β版のため不具合がある可能性があります。バグを確認された場合は、必ずお問い合わせフォームにてご報告ください。 基本的な概念や仕様、使い方は、ダイアグスキャナーと同等です。 詳細はダイアグスキャナーの 取扱説明書 をご覧ください。


CANレーベル 特徴



外観

CANレーベル メイン画面
8ch表示(標準)

CANレーベル メイン画面
30ch表示

CANレーベル メイン画面
50ch表示

CANレーベル メイン画面
オシロスコープ表示 Ver1.11 β版




対象

CAN通信を理解しているエンジニア向け


仕様

OS: WindowsXP 以降に対応
   ※Windows7 Professional 64bit、Windows10 Pro 64bitにて動作確認済

パソコン: 以下の3条件を満たす必要があります 

   (1) CANインタフェースとの接続に必要なインタフェース
     (USB、PCIバスなど)を持つこと。

   (2) CPUのコア数が2以上であること。
     ※シングルコアCPU、Core2までの古いCPUの環境では、
     遅延やフリーズ等が発生する場合があります


   (3) ログをxls出力させたい場合、Microsoft社 Excelがインストールされている
     必要があります。Excel2003にて動作確認をしています。
     

対応するCANインタフェース

以下の機器に対応しています。

  (1) LAWICEL社  http://www.can232.com/
    ・CANUSB

  (2) インタフェース社  http://www.interface.co.jp/
    ・ CANインタフェースモジュール
     ※ドライバに、GPC-4851 を用いるデバイスに対応

  (3) Kvaser社  https://www.kvaser.com/  Ver1.10より対応
    ・ Kvaser Leaf Light V2
     ※他のデバイスでも動作するはずですが、未確認です。
     ※canlib32.dllでアクセスできるデバイスに対応します。





対応可能なCAN通信

(1) ISOに準拠したCAN通信であること

 対応する電気仕様は、使用する機器に依存します。
 開発時における動作確認は、ISO11898-2準拠の環境を用いています。


(2) メッセージが CAN Specification 2.0
  または 2.0B 拡張フォーマットに準拠していること





よくある質問

Q1、29bit拡張フォーマットに対応していますか?
A1、Ver1.10より対応しました。
   ただしVer1.10は、000007FFまでしか設定できない不具合があります。
   1FFFFFFFまで設定したい場合は、Ver1.11以降を使用してください。

Q2、CAN FDに対応していますか?
A2、ハードウェアが対応していませんので、対応させていません。
   ソフトウェアは将来的に64バイトまで受信できるように設計しています。





スポンサードリンク

 Copyright (C)1999-2019 SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.
ご利用条件