諏訪通信ネットワーク
スポンサードリンク
製品情報 ダウンロード サポート お知らせ
   
ソフトウェア

for Windows
Xp Vista 7 10

Keyboard IE
カーナビを...
ダイアグスキャナー
徒歩メーター
燃費ティーチャー

サンプリングメーター
みるCAN
CANメッセンジャー
CANレコーダー
CANレーベル



コーヒーブレイク

VB6の長所と短所
なぜVB6を使うのか
VB6のトラブル集1
VB6のトラブル集2
UWPのトラブル集1



蓼科電研













CANメッセンジャー
みるCAN
ダウンロードする

概要

CANメッセージを送信する簡易メッセンジャーです。
CAN通信デバイスの開発用のソフトウェアです。




外観

CANメッセンジャー メイン画面




使い方

EXは、チェックを有効にすると拡張CANとして送信されます。
IDは、1〜7FF、拡張CANは1〜1FFFFFFFの範囲で、16進数で入力します。
DLCは、1〜8の範囲で設定できます。通常0は使用しないため対応させていません。
DATAは、0〜FFの範囲で、16進数で入力します。接続中に定期送信中のデータを変更するとリアルタイムで出力に反映されます。
Sendボタンを押すと、1回メッセージが送信されます。
msは、定期送信の送信周期を設定します。単位はmsです。
RTボタンが押された状態にすると、CANメッセージが定期送信されます。

通信速度の設定は、[ツール(T)] - [共通設定(S)] の 「通信速度」にてできます。

メッセージの設定は、CSVもしくはXLSでエキスポート、インポートができます。例えば何種類かの設定を保存しておき、使い分けることができます。CSVもしくはXLSのため、Excelで開いて編集することもできます。Ver1.10より対応
※XLSでの入出力は、Excelがインストールされてる環境でのみ可能です。
CANメッセンジャー





対象

CAN通信を理解しているエンジニア向け


仕様

OS: WindowsXP 以降に対応
   ※Windows7 Professional 64bit、Windows10 Pro 64bitにて動作確認済

パソコン: 
   (1) CANインタフェースとの接続に必要なインタフェースを持つこと。
     ※必要なインタフェースは、USB、PCIバスなど、
      使用するCANインタフェースによります

   (2) CPUのコア数が2以上であること。
     ※シングルコアの場合、遅延やフリーズ等が発生する場合があります



対応するCANインタフェース

以下の機器に対応しています。

  (1) LAWICEL AB 社  http://www.can232.com/
    ・CANUSB
     
  (2) インタフェース社  http://www.interface.co.jp/
    ・ CANインタフェースモジュール
     ※ドライバに、GPC-4851 を用いるデバイスに対応

  (3) Kvaser社  https://www.kvaser.com/  Ver1.10より対応
    ・ Kvaser Leaf Light V2 など
     ※他のデバイスでも動作するはずですが、未確認です。
     ※canlib32.dllでアクセスできるデバイスに対応します。






対応可能なCAN通信

(1) ISOに準拠したCAN通信であること

 対応する電気仕様は、使用する機器に依存します。
 開発時における動作確認は、ISO11898-2準拠の環境を用いています。

(2) メッセージが CAN Specification 2.0 または 2.0B 拡張フォーマットに準拠していること
 




よくある質問

Q1、29bit拡張フォーマットに対応していますか?
A1、対応しています。

Q2、CAN FDに対応していますか?
A2、ハードウェアが対応していませんので、対応させていません。
   安価なハードウェアが登場したら対応するかもしれません。

Q3、Windows 64bit環境下で、CAN USBが認識できません。
A3、64bit環境で使用する場合も、CAN USB DLL ドライバー は、
   32bit版をインストールしてください。

Q4、定期送信の送信周期が安定しません。
A4、このソフトウェアはシングルスレッドでの動作のため、
   定期送信において以下のような誤差が発生します。
   このときのメッセージ数は1つです。メッセージ数が増えるともに
   誤差が大きくなります。

  a) LAWICEL AB 社 CANUSB 
    開発環境おいて500kbpsにて±10ms程度の誤差が出ることを確認しています。

  b) インタフェース社 CANインタフェースモジュール
    開発環境おいて500kbpsにて±2ms程度の誤差が出ることを確認しています。





スポンサードリンク

 Copyright (C)1999-2019 SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.
ご利用条件