諏訪通信ネットワーク
スポンサードリンク
製品情報 ダウンロード サポート お知らせ
   

ソフトウェア

for Windows
Xp Vista 7 10

Keyboard IE
カーナビを...
ダイアグスキャナー
徒歩メーター
燃費ティーチャー

サンプリングメーター
みるCAN
CANメッセンジャー
CANレコーダー
CANレーベル



コーヒーブレイク

VB6の長所と短所
なぜVB6を使うのか
VB6のトラブル集1
VB6のトラブル集2
UWPのトラブル集1



蓼科電研













Keyboard IE キーボードIE
Keyboard IE キーボード検査ソフト
ダウンロードする

概要

キーボードIEは、パソコン用キーボードの簡易検査ソフトです。
78、101、104、107 の英語キーボード(US)、
106、109、112 の日本語キーボード(JP)、
ノートパソコン内蔵キーボードなどに対応しています。

※IE:Inspection Equipment



動作画面

 Standard版 
キーボードのキー入力に対して、リアルタイムに該当キーが反応します。

Keyboard IE 動作画面


PC-9801、PC-9821シリーズのキーボードもチェックできます。

Keyboard IE 動作画面



 PRO版 

Keyboard IE PRO 動作画面


デバッグモードはPRO版専用モードです。
通常の検査モードとは異なり、キーコードとローカルフックを同時に監視しています。

Keyboard IE Pro 動作画面



使用方法

 Standard版 
(1) ソフトを起動します。
このときキーボードに触れてはいけません。
(2) 検査したいキーボードの種別をマウスで選択します。
(3) 環境をチェックしているので、しばらく待ちます。
(4) メイン画面が表示され、検査がスタートしています。
画面に黄色や青色のキーがないことを確認します。
あれば異常です。キーが固着しています。
(5) すべてのキーを1つずつ押していきます。
押している状態では、該当キーが黄色になり、
離したときには青色になっていることを確認します。
反応しないキーがあれば異常です。
押しているところと別の部分が反応すれば異常です。
(6) すべてのキーが正常に押せた場合に「検査OK」と表示されます。
(7) 右上の[x]ボタンを押して、ソフトウェアの動作を終了します。

 PRO版 
(1) ソフトを起動します。すぐにメイン画面が表示されます。
(2) 検査したいキーボードの種別をマウスで選択します。
前回選択時のキーボードが選択されたままになっています。
このときキーボードに触れてはいけません。
(3) すでに検査がスタートしています。
画面に黄色や青色のキーがないことを確認します。
あれば異常です。キーが固着しています。
(4) すべてのキーを1つずつ押していきます。
押している状態では、該当キーが黄色になり、離したときには青色になっていることを確認します。
反応しないキーがあれば異常です。
押しているところと別の部分が反応すれば異常です。
(5) すべてのキーが正常に押せた場合に「検査OK」と表示されます。
(6) キーボードをつなぎ換えます。PS2タイプの場合はUSB変換ケーブルを用いることで、シャットダウンせずに交換することができます。
(7) Resetボタンを押して、検査を手順(3)から繰り返します。

 その他の機能 
a) Captureボタンを押すと、画面がクリップボードにコピーされて、BITMAP形式の画像ファイルも保存されます。 保存場所は、実行ファイルと同じフォルダ内に保存されます。
ファイルの命名則は以下の通りです。 Ver1.11より対応
kiYYMMDDHH-XXX.bmp
ki:固定ワード
YY:保存時の西暦下2桁
MM:保存時の月2桁
DD:保存時の日2桁
HH:保存時の時刻2桁
XXX:時刻ごとに001からの連番を付与
b) ウィンドウサイズをマウスで拡大すると、キーボードも拡大して表示できます。 Ver1.12より対応

Keyboard IE 動作画面





仕様

OS: Windows98SE、Windows2000
WindowsXP 〜 Windows7、Windows10 に対応

32bit版、64bit版どちらの環境でも動作します。
VB6にて作成していますので、本ソフトウェアは 32bit動作です。
Win32 API を多用していますので、環境によっては正常に動作しない可能性があります。
内製のDLLはすべてWin32、C++ネイティブです。
C++/CLI、.NET、VB6(ActiveX)は一切使用していません。
MFCは使用していないため、記載がない限りVisual C++ Runtimeも不要です。
都合により、CPUに依存する処理を使用してる場合があります。
仮想環境では、動作しない可能性があります。
Window8での動作は、未確認です。
(Windows8はマルチウィンドウOSではないため、sを抜いています)
Windows98SEではCaptureなどの機能が動作しないことを確認しています。

以下の環境にて動作確認をしています。
Windows10 Pro 64bit (Ver1.12開発環境)
Windows7 Professional 64bit(Ver1.00〜1.11開発環境)
WindowsXP Professional 32bit
Windows2000 Ver1.12より対応
Windows98 SE for PC-9821シリーズ Ver1.12より一部対応


パソコン: キーボードのI/Fは、PS/2、USB、Bluetoothなどすべてに対応します。


対応キーボード: 2019.2.6現在の一覧です。

 Standard版 
101英語(US)、104英語(US)、78英語(US)
106日本語(JP)、109日本語(JP)

Happy Hacking 60 英語(US) Ver1.10より対応
※ DIPスイッチがWindowsモードの場合に対応します。

PC-9801/9821キーボード配列 Ver1.12より対応
※COPY、CAPS、カナは、確認できません。
※Shiftキーの左右判別は、キーボードの仕様上できません。

IBM Thinkpad X6x 日本語(JP)    Ver1.10より対応
Lenovo Thinkpad X2xx 日本語(JP)  Ver1.10より対応
※ボリューム、ThinkVantage ボタンは確認できません。

富士通 LIFEBOOK A5XX 日本語(JP)        Ver1.10より対応
富士通 LIFEBOOK A5XX 日本語(JP) テンキー付き  Ver1.10より対応
※テンキーの000は、0と識別できません。
※テンキーのTabは、キーボード左端のTabと識別できません。

 PRO版 
101英語(US)、104英語(US)、78英語(US)、87英語(US)
106日本語(JP)、109日本語(JP)、92日本語(JP)

Happy Hacking 60 英語(US)
※ DIPスイッチがWindowsモードの場合に対応します。

IBM Thinkpad X6x 日本語(JP)
Lenovo Thinkpad X2xx 日本語(JP)
※ボリューム、ThinkVantage ボタンは確認できません。

富士通 LIFEBOOK A5XX 日本語(JP)
富士通 LIFEBOOK A5XX 日本語(JP) テンキー付き
※テンキーの000は、0と識別できません。
※テンキーのTabは、キーボード左端のTabと識別できません。


その他: 
Standard版では、一部の動作に制限があります。
デバイスマネージャーのキーボードのドライバが正しくないと、正常に検査できません。
英語キーボードの場合は、  
標準 PS/2 101/102 キーボード
日本語キーボードの場合は、 
日本語 PS/2 キーボード(106/109 キー Ctrl+英数)
に設定します。

キーボード操作中にWindowsキーやショートカットキーが反応しますが、仕様です。VB6でグローバルフックを用いると、自身もキーが読めなくなるため使用していません。
キーボードのEnterキーと、テンキーのEnterキーは識別できません。それぞれ別々に押し、押したときに両方が黄色くなることを確認します。
動作中は、本ソフトが常にアクティブウィンドウになります。
動作中は、IMEが動作しません。
Pauseキーは、押したままの状態が検知できません。
半角/全角 キー、カタカナ/ひらがな キーは、押したままの状態にするとき、押し始めたときに一瞬チャタリングのように表示されますが、仕様です。

古いATOKなどが動作している状態で使用すると、Windowsの動作がおかしくなる場合があることを確認しています。
キーを同時押ししたとき、キーの組み合わせやタイミングによって、 特定のキーが反応しない場合があります。 この場合、ソフト側の問題ではなくキーボード側の機能、性能の問題です。 押し間違いを防ぐ機能によるものなのか、制限仕様もしくは不具合なのかは、 キーボードによります。
普段の文字入力操作以上のことをすると、キーボードがフリーズしたりすることがあります。 この場合、ソフト側の問題ではなくキーボード側の機能、性能の問題です。
Windowsをシャットダンして電源を落としてから、電源を再投入して起動すると、動作が復活します。

PS/2→USB変換コネクタを使用したとき、106/109キーボードの無変換、ローマ字/ひらがなキーなどが使用できない場合があることを確認しています。
(変換コネクタの能力に依存します)
Windows10でCapture機能を使用したとき、ウィンドウ周囲の数ドットが含まれてしまうのは仕様です。
PC-9801/9821用キーボードは、CAPS、カナ、COPYキーのチェックができません。Windowsにおいて、キーコードが割り当てられていないようです。もしくはローカルフックでは流れないコードかもしれません。
開発中の暫定公開のため、不具合等がある場合があります。


スポンサードリンク


蓼科電研 チラシ裏レポート  2017.11.27



 【 キーボードの選び方 】

(1) 87、101、104、92、106、109、112 のどれがいい? 

Windowsキーを使用しているか?
Windowsキーを使用していないのであれば、101もしくは106を選択します。
使わないキーがあっても、邪魔で押し間違いの原因になるためです。
不要なキーがなければ、スペースキーなどのブラインドタッチに必要な
キーを大きくすることができます。
逆にWindowsキーがなければ困る場合は、104もしくは109を選択します。

ローマ字入力か、かな入力か
一般的にはローマ字表現でキー入力をするはずです。
その場合は101もしくは104キーボードが選択肢になります。
昔のワープロ専用機のように、かな入力にこだわりがある場合は、
106もしくは109を選択します。

112キーボードは?
109キーボードに、3のキー(ボタン)が追加されているので、112と呼びます。
一般的にはACPIの「スリープ・ウェイクアップ・電源」の3つが割り当てられています。
112キーボードは、一時期の国内メーカーのパソコンに付属されていました。
2000円以下の安物キーボードにも多くみられ、1万円以上の高級キーボードに
112キーボードはほとんどありません。あえて選択する物でないことは明白です。

数字はテンキーを使う派か?F1〜F10の下段を使う派か?
104、109からテンキーを無くしたものが、87、92キーボードです。
 104 - 17 = 87
 109 - 17 = 92
テンキーを使う派であれば、87、92は論外です。
数字はF1〜F10の下段を使う派であれば、テンキーは邪魔なだけであり、
87もしくは92は選択肢になります。
Happy Hackingのようにサーバーメンテナンス作業等で昔から絶大な支持のある
キーボードは、テンキーどころかF1〜F12キーすら省略(Fnキーで使用可)
されています。

まとめると、使わないキーが1つでも少ない物を選ぶのが賢い方法です。
備えあれば憂いなし、大は小を兼ねるの精神で選択すると、積み本などと同じ結果に
なるでしょう。

キーボードの比較

87
101
104
92
106
109
配列
英語
日本語
テンキー






Winキー






面積
小さい
大きい
小さい
大きい



(2) メカニカル、メンブレン、パンタグラフ、静電容量無接点のどれがいい?

デスクトップ用のキーボードにパンタグラフタイプはほとんどありません。
もしパンタグラフタイプが最も良ければ、高級機で積極的に採用されるはずです。
昔のノートパソコンは閉じたときにデスクトップ型パソコン並みに分厚いものが
ほとんどでした。初期のノートパソコンにはメカニカルスイッチのキーボードが
内蔵されていました。しかし今では厚さ2cmを切るものが普通にあります。
パンタグラフは、ノートパソコンを薄くするために考えられた構造であることを
理解すべきです。

一般的にメンブレンよりも部品点数の多いメカニカルキーボードのほうが高価格です。
ではメンブレンよりメカニカルの方が良いのかといえば、そうでもありません。
質感が悪く押し心地の悪いメカニカルキーボードよりも、質感が良く押し心地の
よいメンブレンのほうが高評価です。そしてメンブレンであっても、部品の特性
に徹底的にこだわり、ストローク感を決めるゴム(シリコン)部品について時間
を掛けて特別に開発したものだと高価格です。
1万円を超えるキーボードの場合は価格相応の評価ですが、5〜6千円で買える
キーボードは価格と構造と評価・質感が一致しない場合があります。
(例:それなりの値段なのにイマイチ、安いメンブレンなのに質感の良いストローク)
例えば、IBM 37L0814というパソコン付属用で2001年頃に秋葉原で投売りされていた
普通のメンブレンキーボードですが、フレームに剛性がありストロークの質感が
良いため現在では中古でも比較的高値で取引されています。

考え方は色々あり好みは人それぞれですが、以下のようになります。

 静電容量無接点 ≧ メンブレン、メカニカル > パンタグラフ 

Cherryメカニカルでもクリック感のないタイプが人気で、
 ピンク軸(静音赤軸) >> 赤軸 >>> 茶軸 >> 青軸
と考えるのが一般的でしょう。
ちなみにKeyboard IEは、静電容量無接点の Realforce101 でコーディングしています。


(3) 最高のキーボードは? 

最高のキーボードは、NEC PC-9801R(RA、RS、RX)、PC-9801F(FA、FS、FX)
シリーズの頃に付属されていたメカニカルキーボードです。CanBeやPC-9821、
PC-9801Bシリーズに付属していたキーボードは、コスト削減されたメンブレンで
別物です。現在ではメカニカル=カチカチ感という方向性ですが、98キーボード
は別次元の方向性です。カチカチ感やクリック感、引っかかり感はまったくなく、
しかし金属系の「カシャーン」という重厚的な打音が印象的で、シャカシャカ、
カチャカチャした樹脂っぽさがまったくありません。贅沢な2色成型のキートップ
は、まるで象牙の麻雀牌のような重厚で落ち着きのある触感を指先へ伝えます。
ストローク時のしなやかさとスムーズさは、まるで金属ベアリングが入っている
かのごとく滑らかで軽く、しかし金属のみで作られた機械部品のような剛性感を
感じさせます。
重厚や剛性というとCherry黒軸を想像するかもしれませんが、それとは全然別物です。

PC-9801 キーボード


例えばノンクリックのリニア系で最高と評価されるRealforceと98キーボードを
比較した場合、

 9801キーボード >> 越えられない壁 >> Realforce > 上質のメカニカルやメンブレン

となります。
とはいえ、9801の質感や特性を持つPC-AT互換機(Windows機)向けのキーボードは、
2017年11月時点においても存在しないのが現状です。1990年代の後半よりAT互換機
の普及と共に、9801に近いキーボードを探し求める人が数多くいました。
しかしPC-98からメカニカルキーボードが消えて25年以上が経ち、そもそもPC-98に
触ったことがない人々も増えています。
今後においても望むべくもないことは明らかでしょう。

唯一の方法として、PC-98キーボードコネクタ-USB変換アダプタを使用する方法が
あります。最近でも以下が記事としてAKIBA PC Hotlineで取り上げられ、根強い
需要があることが分かります。

 - 外部リンク -
 PC-9801用キーボードをUSB接続に! Windows PC向けの変換アダプタが登場
 2017年8月18日 07:10 AKIBA PC Hotline!編集部


スポンサードリンク

 Copyright (C)1999-2019 SUWA TSUSHIN NETWORK. All Rights Reserved.
ご利用条件